FC2ブログ
ゆう設計室の日常ときどき家づくり
ゆう設計室は、埼玉県新座市野火止にある設計事務所です。                                       所員の日常と家づくりを書きつづってゆくブログです☆読んでくださいね♪♪♪
プロフィール

ゆう設計室 

Author:ゆう設計室 
ゆう設計室は、埼玉県新座市野火止にある設計事務所です。所員の日常と家づくりを書きつづってゆくブログです☆読んでくださいね♪♪♪



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



カテゴリ



最新記事



カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



ゆう設計室 新HP開設!!
ついに!!
ゆう設計室のホームページが新しくなりました。
http://www.youplan.net/

newHP2.jpg


スマホでもよいのですが、
ぜひパソコンで見てほしいです。
寝る時間を削って頑張りました。
(実際に制作したのは私ではないですが…)

お勧めは、やはりブログです。
所員それぞれの部屋を造りましたので、
個性あふれるブログがつづられていくことでしょう。
(過度な期待はしないでください…)
※所員の紹介も読んでください。

作品も分類分けして見やすくなりました。
仕事の流れも、イラスト付きで分かりやすく。
とにかく設計事務所を親しみやすく、
それでいてスタイリッシュになるよう心がけました。

建物を建てるうえでのエピソード
「たてものがたり」もお勧め。

コンセプトや会社概要もすべて一新したので、
読みごたえもばっちり!!
夜中閲覧すると寝不足になるかもしれません。
寝る時間を削って読んでください。
http://www.youplan.net/
※サーバーも移行しましたので、
  しばらく古いページが現れるかもしれません。
  パソコンの場合F5を押す等キャッシュを消さないと
  見られない場合があります。
  (トップが緑色のページが最新です。)




スポンサーサイト



2015 明けましておめでとうございます
明けましておめでとうございます。

みやざきです。
1月1日 恒例の近所の初日の出です。
昨年も書きましたが、かれこれ30年以上続けています。

IMG_1538-2.jpg

今年は地平線上に雲があり、
なかなか出てきませんでした。
雲の上から出てきた物も初日の出と言うのか、
少々疑問ですが…。
とにかく「一年の計は元旦にあり」です。
今年も規則正しい生活が出来ることでしょう。

年末に読んだ本ですが、

ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)
(2010/12/08)
伊藤 計劃

商品詳細を見る

実はこの本。(新版はアニメの表紙です)
以前読んだ伊藤計劃 氏の本が非常に面白かったので、
2010年の12月に購入したのですが、
冒頭が全く入り込めず、本棚で眠っていました。
(伊藤計劃氏は長い闘病生活の上34歳の若さ
でお亡くなりになっています。)

最近になって映画化するとのことで、
頑張って読んでみると非常に面白い。
アニメの「サイコパス」が好きな人には、
世界観が近いので楽しいと思います。
(サイコパスの中にも計劃の話は出てきますし。)

さらに、NHKで正月から5回わたって放送している。
「ネクストワールド」
2045年(30年後)の世界を予想している番組ですが、
「ハーモニー」に出てくる技術がいくつも出てくるので、
「ネクストワールド」を観た人にもお勧めです。

30年後の世界はもう少し先ですが、
ゆう設計室では近々ホームページのリニューアル
を行います。
もっと使いやすく、もっと親しみやすく。

手の届く設計事務所~Touch the architects~

をコンセプトにしています。
写真データの整理。
フロー作成。
文章作成。
等々…。
寝る時間を惜しんで頑張っています。

一年の計は?規則正しい生活はどこに行ったのか?
まあ、細かい事は気にしないで、
新しいホームページをお楽しみにしてください!!




毎年恒例の忘年会旅行です。【稲取温泉】
みやざきです。
すっかり寒くなってしまいましたね。

さて、先週末12月6日7日と恒例のマスキグループの忘年会旅行でした。
今回の旅行は カチカチ山~キリン富士御殿場蒸留所~稲取温泉(銀水荘 泊) 
修善寺~沼津港~アサヒビール神奈川工場
と、またもや盛りだくさん。
「おいおい、詰め込みすぎじゃないか?
と思いつつ気分は高まっていきます。」
何せ「銀水荘」 6月の京都研修のビジネスホテルとは違って、
高いです!!

なにはともあれ、またもやいっぱい写真を撮ってきたので、
写真をご覧ください。

DSC03643-2.jpg
昇り口あたりにある手水(ちょうず)
水が凍っています!!
青銅の竜 は結構値段は高いらしいです。(ここのはチョイ小ぶりですが…)

DSC03684-2.jpg
高いといえば富士山です。
カチカチ山からは良く見えます。そして今日の天気は最高です!!

DSC03666-2.jpg
せっかく望遠を持って行ったので…

DSC03687-2.jpg
昼飯は炉端焼きです。
瓶ビールをジョッキのように注いでみました。
泡が高く盛っていますね~。

DSC03756-2.jpg
二日目の修善寺参道です。

DSC03791-2.jpg
修善寺です。

DSC03790-2.jpg
修善寺の手水はお湯でした水温が高いです。 あったかい…

DSC03759-2.jpg
この金物は…。欲しい…。

DSC03811-2.jpg
意味もなくススキです。

DSC03820-2.jpg
アサヒビール神奈川工場でジンギスカン食べ放題と、工場見学。
この建物が安藤忠雄氏の設計ということを皆は知っていたのだろうか…。

日本一の高い山「富士山」から始まった旅行も、
飲んで、食べて、寝て、飲んで、食べて、寝てを繰り返しているうちに
終わってしまいました。
幹事の皆さまご苦労様でした。

この旅行で色々な高いものに出会いましたが、
帰りのバスの中で見た、「トップガン」の日本語吹き替え版
トムクルーズの声の高さがもっとも衝撃的だったかもしれない…。




2014  冬 マスキフェア
今年も冬マスキフェアが開催されました。
ゆう設計室ではわたあめ・司会・飲み物を担当しました。
わたあめ作りは、手から顔面までべたべたになり大変でしたが、
あっという間の完売!大成功でした!
IMG_0793.jpg

フェア中ではゆう設計の紹介もしました。
分かりやすくコンパクトなパンフレットに想いをつめこみました。
見つけた方は是非ご覧になってください♪

IMG_0791_20141128152226fd3.jpg


ゆう設計で作成した、上福岡分譲COCOKALAのインテリアボードも展示しました。
お子様がボードを楽しそうに触っているのを見て、とても微笑ましくなりました。

DSCF8626.jpg



最近?読んだ本です。
みやざきです。
今日はここ1~2か月で読んだ本の紹介です。

まずは「マリアビートル」伊坂幸太郎 著
マリアビートルマリアビートル
(2010/09/23)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る

簡単に言ってしまうと殺し屋の話ですが、
伊坂ワールドです。
今回は図書館にたまたまあったので借りて読みました。
読んでいくうちに、
「あれ?なんかこの感じ読んだことあるぞ?」
と思い始め、登場人物にも記憶があり、
考えていると…
あ--- 以前読んだ
「グラスホッパー」伊坂幸太郎著の続きでした。
ということで「グラスホッパー」も読み返してみました。
グラスホッパー (角川文庫)グラスホッパー (角川文庫)
(2007/06/23)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る

この本はストーリも良いのですが、
物語中に出てくるジャック・クリスピンという人物の
語録が非常に面白いです。
自分の語録も作ってみたくなります。

間にずっと読もうと思っていた。
「のぼうの城」を挟みつつ、

図書館でまたまた伊坂幸太郎の
「夜の国のクーパー」
夜の国のクーパー夜の国のクーパー
(2012/05/30)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


を読んでみました。
最近伊坂作品を読んでいなかったので、
伊坂ワールド(ワード)にずっぷり漬かっています。
「マリアビートル」と対照的にゆったりとして読めます。
ただ寝不足の私にはなかなか眠くなる。

さらに伊坂作品の「終末のフール」
終末のフール (集英社文庫)終末のフール (集英社文庫)
(2009/06/26)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る

疲れているときは伊坂作品のように
するする読んでいける本がいいですね。
これは短編集のような形になっています。
終末を迎える世界をどのように生きるか?
各話の題名がすべて
「終末のフール」
「太陽のシール」
「籠城のビール」
「冬眠のガール」
…のように
「○○の△ール」となっていて、
まるで ハライチのコントのようです。

1話目 「なるほどね~」
2話目 「なんかこんな話、前にもあったな~」
3話目 「あれもしかして」
4話目 「はい、読んだことある本でした。」

伊坂作品を何冊か読んだことがある方には
分かると思いますが、別々の作品なのに、
同じ登場人物が出てきたり、
同じテレビの話が出てきたり、
絶妙にリンクしています。
これが伊坂作品の面白さでもあるのですが…。
1話目では全く気が付きませんでした。
でもちゃんと最後まで読みましたよ!!
実は伊坂作品では2度目です。

本の話だとどうも長文になってしまいますね~。
またまた何か読んだら紹介します。
間違って一度読んだ本をまた手に取ってしまったら…。
同じ内容のブログを書いてしまったりして…。
そしたら、皆さんも「あれ?読んだことあるブログだな?」
と思いつつ、最後まで読んでください。